オラクル、ハイペリオンを33億ドルで買収へ - (page 2)

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-03-02 16:36

 SAPの広報担当Bill Wohl氏は声明で「みずからの力で事業を成長させることのできないOracleは、買収という手段に訴えるようになった。今回の買収により、すでに雑然としているOracleのアプリケーションの取りそろえは、ますます複雑になるばかりである」と述べる。「OracleはHyperionの買収により、アプリケーションが自社のコアビジネスではないという事実を隠す手段を、また1つ手に入れた。SAPにとっては今も昔も、アプリケーションがコアビジネスとなっている」(同声明)

 Forrester ResearchのアナリストであるRay Wang氏は、「SAPが最高財務責任者(CFO)をターゲットにする一方で、Oracleはこれまで最高情報責任者(CIO)に製品を売り込んできた。Hyperionを手に入れた今、OracleはCFOのような、ビジネス寄りの人に製品を販売しやすくなる」と言う。

 Hyperion買収後のビジネスパフォーマンスソリューション市場におけるOracleのシェアは約15%になるとWang氏は言う。この市場をリードしているのは、SAS、Cognos、BusinessObjectsだ。

 Forresterはビジネスパフォーマンスソリューション市場が2010年までに11%程度成長すると見る。

 ウォール街は買収を好意的に評価している。大半の株価が下落傾向にあるなか、Oracleの株価は前場の前半時点で3%上昇し、16.95ドルにつけている。

 Hyperionの株価も予測通り、午前の取り引きで20%以上上昇し、本稿執筆時点で51.55ドルにつけている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]