編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

転送、再転送、情報流出…ドキュメント権利管理を始めよう - (page 2)

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有

2007-03-06 08:00

 一方、IRMはMicrosoft OfficeやInternet ExplorerといったRMS対応アプリケーションにおける権利管理用のコンポーネントとなっている。また、IRMはOffice 2003およびOffice 2007の一部ともなっている(編集部注:厳密にはOffice 2003のうちProfessional Editionで作成されるドキュメントが本稿で紹介する権利管理の対象となる。その他のOffice 2003では、権利管理されたドキュメントの表示と編集が可能だが、権利管理が可能なドキュメントを作成することはできない点に注意されたい)。

RMSとIRMで何ができるのか?

 MicrosoftのRMSとIRMを用いることで、Officeドキュメントや、Microsoft Officeで作成した電子メールメッセージを受信者がどう利用するかをコントロールすることができる。例えば:

  • 受信者がメッセージやドキュメントからテキストをコピーできないようにする
  • 受信者がメッセージやドキュメントを印刷できないようにする
  • 受信者が電子メールを転送できないようにする
  • アクセス期限を定めることで、受信者がその期限以降にメッセージやドキュメントにアクセスできないようにする

 受信者は、RMSで保護されたメッセージやドキュメントをオープンするためにOffice 2003、Office 2007、Internet Explorer(のRights Managementアドオン)のいずれかを使用する必要がある。ユーザーがOffice 2003よりも前のバージョンのMicrosoft Officeやこれら以外のアプリケーション、サードパーティ製の電子メールクライアントを用いてオープンしようとすると、そのアクセスは拒否される(編集部注:2007 Microsoft Office Systemのエディション別RMS利用可能範囲について、詳しくはこちらを参照のこと)。

 RMS対応アプリケーションは、保護された情報をユーザーがコピーや転送、印刷することを(メニューにあるこういったオプションをグレーにして選択できないようにすることで)防いでくれる。しかし、受信者がその気になれば、スクリーンキャプチャツールを利用したり、画面上の情報をデジタルカメラで撮影したり、情報を手で書き写したりすることも可能だということを忘れないでほしい。RMSとIRMは保護された情報の誤用を困難にするものの、不可能にするわけではないのだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]