編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

TIS、運用アセスメントサービスを提供開始--ITILベースにCOBITでレベル判定

CNET Japan Staff

2007-03-06 14:50

 TISは3月5日、顧客企業のシステム運用業務を分析・評価し、改善策の立案までをサポートするアセスメントサービス「IT運用総点検サービス@TIS」の提供を開始した。

 同サービスでは、企業の業態や対象システムを問わず、ITILベースでTISのノウハウを生かしたサービスを提供する。メインフレームからオープンシステムまで、あらゆるエンタープライズシステムに対応する。

 ハードウェア/ソフトウェア構成、ファシリティ、運用実務、手順書などのドキュメント整備状況、人員・体制を点検する「運用業務の総点検」をはじめ、標準規格ISO/IEC27001に基づいて評価し、米ISACA(Information Systems Audit and Control Association、情報システムコントロール協会)が定めたCOBIT(Control Objectives for Information and related Technology)フレームワークに基づいた評価結果のレベル判定を行うサービスを提供。問題点や課題、改善点などを定量的な評価としてレポートしてくれる。

 価格は500万円から。今後3年間で1億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]