オラクル、データベース製品の価格体系を見直し - (page 2)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:藤原聡美、吉武稔夫、福岡洋一 2007年03月06日 10時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 Microsoftは、Oracleが自分たちに引き続いて正しい方向を選択した、と賞賛している。Microsoftによれば、「市場は簡潔で柔軟なライセンス価格体系を望んで」おり、同社は顧客や提携企業の役に立てるようなライセンス価格を提示できるよう努力しているという。「同業他社もこの動きに追随してくれているのは喜ばしいことだ」と同社は述べている。

 複数の演算処理装置を1枚のウエハ上または単一のチップパッケージに収めたマルチコアプロセッサの登場に合わせて、Oracleがライセンス価格を改定したのは効果的な対応だ。Oracleはこれまでにも、プロセッサの利用実態に合わせて2回の価格改定を行っている。最初は2005年7月、2回目は同じく2005年の12月だ。

 クロック周波数の向上によってプロセッサの処理能力を引き上げる手法は、消費電力の増大が原因で限界にきており、サーバおよびプロセッサの製造各社は、マルチコアプロセッサへと方針を転換している。プロセッサ数に基づいたライセンス料金を慣習的に採用してきたソフトウェア企業にとっては、コア数による課金の方が好ましかったが、Sun Microsystems、Intel、AMDなどのハードウェア企業は、搭載しているコアの数にかかわらずソケット数によってプロセッサを数える方式を強く主張した。

 Oracleは新しい価格設定についての文書の中で、自らの価格体系を「簡潔で柔軟」と誇っているが、それは誇張だと見る向きがあるかもしれない。たとえば、最上位のEnterprise Editionを購入した場合の料金の算出には、プロセッサの種類ごとに決まっている適用係数×コア数という計算式を用いる。

 デュアルコアプロセッサ「POWER5+」を4基搭載したIBMの「p5-570」サーバでEnterprise Editionを使用する場合を考えてみると、そのライセンス料金は、4万(ドル/コア)×8(コア)×0.75(適用係数)で24万ドルとなる。一方、8コアの「UltraSPARC T1」(開発コード名「Niagara」)を1基搭載したSunの「T2000」サーバの場合は、適用係数が0.25なので料金は8万ドルで済む。

 ソフトウェアの価格体系にとっては柔軟性も問題となる。Oracleの価格は、サーバを静的な存在と見なしているが、サーバの基盤はパーティション分割や仮想化技術によってこれまでになく可変的なものとなっている。SunやIBM、Hewlett-PackardのUNIXサーバでは、パーティションを自由に拡張したり縮小したりでき、VMwareなどが提供している仮想化技術を利用すれば、付随するソフトウェアごとOSを稼働中のサーバから別のサーバへ移動することも可能だ。

 こういった価格に関する問題に直面しているのはOracleだけではない。コア数でなくソケット数に基づく価格体系を採用して攻勢をかけているMicrosoftも、これからの仮想化の時代に十分対応できるほど柔軟なライセンス体系ではないとの批判をVMwareから受けている。

 IT分野の分析会社RedMonkのアナリストStephen O'Grady氏によれば、Oracleの新価格体系は本質的に、部分的にしか今日の実態に適合していないという。

 「まだ道半ばというところだ。Oracleはこれまで常に、変化とは対極に位置してきた。若干歩み寄りの姿勢を見せたものの、底流にある(プロセッサごとの課金という)方針が変わらない限り、調整にも限度がある」(O'Grady氏)

 ソフトウェアのライセンスおよびサポート料金は、究極の形としては、顧客が好きなだけソフトウェアを使用できるという定額制モデルへ向かう、というのがO'Grady氏の予測だ。それは、オープンソースデータベースのMySQLなど、Oracleの競合相手が推進している動きでもある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]