オープンソースの暗号化ソフト「GNU Privacy Guard」に脆弱性

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年03月08日 11時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 幅広く利用されているオープンソースの暗号化技術で問題が見つかった。攻撃者は、デジタル署名あるいは暗号化の施されたメールを悪用することができるという。

 問題は、特定の電子メールアプリケーションが、「GNU Privacy Guard(GnuPGもしくはGPG)」を使って署名されたメッセージを表示する方法に存在するという。GnuPGグループが米国時間3月6日に公開したセキュリティ警告で明らかにした。GnuPGの処理方法を誤ると、メッセージのどの部分に署名が施されているのか、特定できなくなる可能性があるという。

 警告によると、「署名のみ、あるいは署名と暗号化の施された『OpenPGP』メッセージの前後に新たにテキストを挿入して、新しいテキストも署名の対象となっているとユーザーに思わせることができる」という。

 暗号化技術を使って、電子メールを認証したり暗号化したりするユーザーにとっては、これがリスクとなる。GnuPG技術を巡っては2006年にも同様の問題が発生している。

 問題を発見したCore Security Technologiesによると、複数のオープンソース電子メールクライアントが脆弱性の影響を受けるという。Coreによると、KDEの「KMail」、Novellの「Evolution」のほか、「Sylpheed」「Mutt」「GnuMail.org」などのアプリケーションが影響を受けるという。同セキュリティ調査会社によると、Mozillaのメールクライアント用のエクステンションである「Enigmail」も脆弱性の影響を受けるという。

 Coreは警告で、「重要なのは、これが暗号の問題ではないことだ。ユーザーに情報を表示する際の処理方法や、サードパーティーアプリケーションとGnuPGとのやりとりで問題が発生する」と述べている。

 攻撃者らはこの問題を悪用することで、一見したところ安全に見える電子メールにコンテンツを追加したり、スパム対策メカニズムのようなコンテンツフィルタリング機能を回避したりすることができると、Coreは述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算