Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その5:いよいよ開始、オブジェクト作成 - (page 4)

大槻透世二(デジタルハリウッド大学院)

2007-03-15 08:00

 「Library」下の「Textures」には、たくさんのテクスチャ素材がテンプレートとしてあらかじめ用意されている。それからテクスチャを選び、床に貼ってみよう。

テクスチャ貼り

 テクスチャを貼る方法は2通りある。

  • 「Edit」画面の「Texture」タブからテクスチャを選択
  • 「Inventory」から直接ドラッグ&ドロップ

 「Texture」タブから選択する方法は実際に貼る素材を選びやすい(「Texture」タブは「Edit」画面で「More」ボタンを押すと表示される)。それに比べ、「Inventory」から選択する方法は、貼る素材が見えないために選びにくいのだが、オブジェクトのある面だけといった貼り方がすぐにできる。

「Edit」画面の「Texture」タブからテクスチャを選択。 「Edit」画面の「Texture」タブで、テクスチャのサンプルを表示している「Texture」部分をクリックする。表示される「Pick: Texture」画面でテクスチャを選択し、「Select」を押す。
「Inventory」から直接ドラッグ&ドロップ 「Inventory」から直接ドラッグ&ドロップ。

 これで、フロアータイルにテクスチャが貼られた。ただ、これは10m×10mのタイルなので、いくらなんでも模様が大きすぎる。もっと模様を小さくしてリピートするようにできないだろうか……。

 その答えは次にしよう。次はさらにテクスチャの扱いについて見ていくことにする……。まだ床なのに、なんと奥の深いことか。

大槻透世二氏
大槻透世二デジタルハリウッド大学院
次世代インターフェース研究室 研究員
Second Life研究室 研究員/プロデューサー
Linden社推薦 Second Lifeセミナー講師
サイバーアドベンチャーCEO

東北大学心理学専攻卒業。1年間のLA留学を経て、ソリッドレイ研究所でバーチャルリアリティのシステムインテグレーション、立体映像システム構築、HMDシステム構築などを経験。IT系コンサルティング会社を経て、デジタルハリウッド大学大学院コンテンツマネジメント修士課程修了(MCA)。その後、Linden Lab本社にてSecond Lifeカリキュラムのトレーニングを受ける。現在デジタルハリウッドにて「Second Life」セミナーを開催。また、バーチャルリアリティ、メタバース関連のシステム開発/プロデュースを行うサイバーアドベンチャーを設立し、そのCEO職に就いている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]