編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グレープシティ、Dynamics CRM用アドオンツール、業務ごとで4種類を用意

WebBCN (BCN)

2007-03-14 11:10

 グレープシティ(馬場直行社長)は3月13日、マイクロソフトのCRM(顧客情報管理)ソフト「Dynamics CRM」のアドオンツール「c360(シーサンロクマル)日本語版」を3月28日に発売すると発表した。

 「c360」は、Dynamics CRM(顧客情報管理)の基本機能をさまざまな角度から補完・拡張するアドオンツール。レコードのマルチフィールド検索、レコードの親子関係のツリー表示、顧客情報入力時の重複データチェック、警告のポップアップ表示、ウェブサイトとの連携など、Dynamics CRMの視認・操作性を高める機能を備えた。

 グレープシティでは、基盤コンポーネントパック「c360 Core Productivity Pack for Microsoft CRM 3.0」、販売業務用パック「c360 Sales Productivity Pack for Microsoft CRM 3.0」、サービス用パック「c360 Service Productivity Pack for Microsoft CRM 3.0」、顧客ポータル構築用パック「c360 Customer Portal for Microsoft CRM 3.0」の4種類を販売する。

 「c360 Core Productivity Pack for Microsoft CRM 3.0」は、レコードの検索、一覧、詳細などの情報を一画面に集約して表示できる「コンソール」やレコード登録・更新時の重複データのチェックできるデータ・クオリティ・センター」など、CRMソフトをカスタマイズできる7つの基盤コンポーネントを収録した。

 「c360 Sales Productivity Pack for Microsoft CRM 3.0」では、すべての営業案件を一括表示・編集できる「フォーキャスト・マネージャー」など、販売に関連するコンポーネントをまとめた。「c360 Service Productivity Pack for Microsoft CRM 3.0」は、サポート、サービス、マーケティングなどの部門間の連携を強化し、顧客に良質なサービスを提供するためのコンポーネントをパックにした。

 「c360 Customer Portal for Microsoft CRM 3.0」では、Dynamics CRMと連動したカスタマーポータルサイトの構築を支援するパック。顧客のログイン認証、CRMサービスケースの作成、編集、閲覧などのポータルの基本的な機能を備えており、サイトへの組み込みが簡単に行える。

 また、4種類のパックを1つにまとめたスイート製品「c360 High-Tech for Microsoft CRM 3.0」、Dynamics CRMの拡張機能を独自開発するためのインタフェースコントロールとページクラスを装備した開発キット「c360 SDK for Microsoft CRM 3.0」も用意した。

グレープシティ=http://www.grapecity.com/japan/
マイクロソフト=http://www.microsoft.com/japan/
「c360」=http://www.grapecity.com/japan/c360/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]