編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、Windows Server 2003 SP2の正式版をリリース

文:Renai LeMay(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-03-16 12:26

 Microsoftが、「Windows Server 2003」用の2つ目のサービスパックをリリースした。同アップデートの容量はプロセッサアーキテクチャによって異なるものの、一番小さくて350Mバイトとなっている。「Windows Server 2003 Service Pack 2」は大量のバグを修正するほか、ネットワーキング パフォーマンス、リモートインストレーション、IPSecの管理性、Microsoft管理コンソール(Microsoft Management Console)のサポート、仮想化、SQL Serverのパフォーマンス、ワイヤレスアクセスのセキュリティなどが改善されている。

 Microsoftはさらに、SP2の適用に合わせて利用する「Hotfix Scan Tool」もリリースした。同ソフトウェアは、SP2インストール後のシステムをパッチ適用前の状態に戻したくなったときに、アップデートをスキャンするのに利用する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]