東芝と慶大など、次世代のネット認証基盤プロトコルの試験に成功

吉澤亨史 2007年03月22日 12時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝と慶應義塾大学はこのほど、WIDEプロジェクトと共同で次世代インターネット認証基盤プロトコル「PANA/Diameter」の実装と相互接続試験に成功したと発表した。

 PANAおよびDiameterは、インターネット標準化団体IETFが次世代アクセス認証プロトコルとして策定しているもの。現状のIEEE802.1XとRADIUSの組み合わせが、インターネット環境の拡大に対する拡張性に乏しく、また無線LANなど特定のリンク層に依存した技術であるといった欠点をカバーできるという。

 ADSLや無線LANなどの特定のリンク層に依存しないため、新規の無線方式やメディア方式にも柔軟に対応できるほか、認証に付随するさまざまな動作に対応できる拡張性を持つことが特徴。これにより、単一管理ドメインだけでなく、複数の管理ドメインをユーザーが異なるISP間や、固定網から移動網を移動することを想定する認証モデルにも対応できる。

 東芝の米国研究所は、PANA/Diameterプロトコルの参照実装としてOpen Diameter Projectでオープンソースベースの実装を開発・公開しており、東芝研究開発センターでは、組み込み機器向けへのPANAの幅広い応用、展開を目指し、独自のコンパクト実装「CPANA」を実装した。今回は、このCPANAについて相互接続試験を行った。

 慶應義塾大学理工学部寺岡研究室は、PANAをより幅広く活用するための標準APIに関する提案をIETFで行い、これに基づく実装を行っている。また、DiameterについてはWIDEプロジェクトで開発された「WIDE Diameter Library」をベースにした実装を使用し、相互に運用可能な環境を構築している。開発成果はWIDEプロジェクト内に公開し、さまざまなモバイル関連プロジェクトの要素技術として活用・展開を図る。

 相互接続試験は、東芝、慶應義塾大学の実装を、それぞれクライアント・サーバモジュールの組み合わせでテストを行い、PANAの各段階の動作確認を行った。個別の認証メソッドについても順次検証し、実装間のプロトコルの解釈の違いによる大きな問題はなく、PANA仕様の完成度が確認できたという。

画像の説明 PANA/Diameterによるマルチドメイン認証環境構築の概要

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算