国内外付け型ストレージ、オープン系好調もメインフレーム系が落ち込む

CNET Japan Staff 2007年03月26日 19時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanはこのほど、国内外付け型ディスクストレージシステム市場の2006年第4四半期および2006年通年の実績を発表した。

 同調査によると、外付け型ディスクストレージシステムの国内出荷金額は、523億5500万円で前年同期比0.2%減。2006年第4四半期にオープンシステムディスクストレージシステム(UNIX、Windows、Linux、NOSの合計)の出荷金額は414億8100万円で前年同期比8.3%増となったが、メインフレームディスクストレージシステムの出荷金額が106億1200万円(前年同期比21.4%減)となり、足を引っ張った。

 IDCでは、メインフレームディスクストレージシステムの落ち込みが、ディスクストレージシステム市場全体の成長率を抑制する傾向は変わらないとしている。

 接続環境別に見ると、2006年第4四半期のSAN(Storage Area Network)とNAS(Network Attached Storage)をあわせたネットワークストレージの出荷金額は312億700万円で前年同期比27.3%増と高い成長を記録した。製造業、教育、情報サービスなどでNASの導入が大幅に増加したほか、金融、製造などで大規模SANへの投資が行われたという。2006年第4四半期の国内外付け型ディスクストレージシステムの出荷金額に占めるネットワークストレージの比率は59.6%に達した。

 ベンダー別シェアでは、日立製作所がトップシェア(27.7%)を守り、IBM(14.6%)、富士通(13.2%)が続いている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化