編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

北海道信金共同事務センター、ネットバンキングでRSA SecurIDを採用

CNET Japan Staff

2007-03-27 14:55

 RSAセキュリティは3月26日、北海道信金共同事務センター事業組合が個人向けインターネットバンキングのセキュリティ強化策としてワンタイムパスワードのRSA SecurIDを採用したことを発表した。

 北海道信金共同事務センターは、道内19の信用金庫向けにオンラインシステムの開発および運用管理を行っている共同利用型バンキングセンター。今回の発表で、北門信用金庫、江差信用金庫、遠軽信用金庫の3金庫が取り扱いを開始した。

 RSA SecurIDは、60秒に1回変化する6桁の数字と個人の暗証番号(PIN)を併用する二要素認証を基盤にしている。金融系では、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、信金東京共同事務センター事業組合などが採用している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]