編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WIDEプロジェクト、Mobile IPv6による移動通信サービスの実験運用を開始

吉澤亨史

2007-03-30 12:49

 WIDEプロジェクトは3月29日、仏ルイ・パスツール大学とともにMobile IPv6を用いたIPv6移動通信サービスの実験運用を4月1日から開始すると発表した。

 Mobile IPv6は、IPv6端末に移動通信機能を追加する拡張仕様。常に同一のIPv6アドレスを利用するため、接続するネットワークが異なっていても、それを意識することなく通信できる。このため、複数の無線ネットワークを切り替えながら移動する場合や、無線ネットワークと有線ネットワークの間をシームレスに切り替えながら利用する場合に有効とされている。

 Mobile IPv6を利用するためには、移動端末を補助するホームエージェントをインターネット上に設置運用する必要があるため、これまで簡単には利用できない状況にあった。今回の実験サービスでは、この障壁を取り除くために、誰もが気軽に利用できるホームエージェントサービスを提供する。

 WIDEプロジェクトとルイ・パスツール大学は、今回の実験サービスを実施するにあたり、ホームエージェントの機能を簡便に操作するためのウェブユーザーインターフェースであるソフトウェア「HAiku」を共同開発し、オープンソースソフトウェアとして公開している。

 実験サービスは、2008年3月まで実施する予定。安定した運用サービスを継続して提供することで、実運用環境におけるIPv6移動通信技術の技術向上と普及促進を推進していくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]