ソフトバンクIDC、共有サーバサービスを強化--SANストレージや仮想化ソフト導入

ニューズフロント

2007-04-02 14:24

 ソフトバンク・アイディーシー(IDC)は4月2日、共有サーバホスティングサービス「シェアドホスティングウェブ」の機能強化を発表した。可用性を向上したほか、高セキュリティ化、管理性改善を図ったという。価格は、従来と同じく税別2万円からとする。4月中に販売を始める。

 機能強化により、データをサーバ外部のSANストレージに格納するようにした。さらに、SANブート方式を採用し、サーバ障害発生後のシステム復旧を迅速化する。

 ユーザー用のサーバ領域は、米SWsoftの仮想化ソフト「Virtuozzo」で確保する。これより、物理サーバを共有しているほかのユーザーから影響を受けずに済み、セキュリティ向上につながる。

 また、SWsoftのサーバ管理ソフト「Plesk」を導入し、ウェブブラウザからサーバ管理を行えるようにした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]