編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

デルと日本オラクルが提携強化--「スケーラブル」と「グリッド」が融合

藤本京子(編集部)

2007-04-04 17:33

 デルと日本オラクルは4月4日、これまでの提携をより強化すると発表した。両社は、共同で検証や市場開拓を行うほか、デルがオラクル製品を含めたサポートをワンストップで提供する。

町田氏 デル アドバンストシステムズグループ本部長の町田栄作氏

 今回の提携強化は、デルのスケーラブルエンタープライズ戦略と、オラクルのグリッドコンピューティング戦略を、両社共通のエンタープライズ戦略として融合することを基盤としている。デル アドバンストシステムズグループ本部長の町田栄作氏は、この両社の戦略について「方向性は同じだ」と述べ、親和性の高い戦略であることを強調した。

 両社のこれまでの関係について、日本オラクル 取締役 システム事業担当 常務執行役員の保科実氏は、「ワールドワイドにおいて、デルは2003年よりオラクルのリセラーとなっており、いまやオラクルのリセラーとしてはナンバーワンだ。また、『Oracle On Demand』などのASPビジネスは、デルのサーバとLinuxを採用している」と話す。さらに、「2006年10月には、世界に先駆けて日本で立ち上げたグリッドソリューションの検証施設『Oracle GRID Center』のパートナーとして協業している」と説明する。

保科氏 日本オラクル 取締役 システム事業担当 常務執行役員の保科実氏

 今回デルは、オラクルのパートナープログラムの最上位プログラムとなる「Certified Advantage Partner」(CAP)の契約を締結した。CAPとなっているのは、日本国内ではデルを含め9社のみ。これにより、デルはオラクルとの直接取引が可能となり、ハードウェアからオラクル製品までを含めたワンストップでのサポートを提供する。

 また両社は、Oracle GRID Centerにて、x86ベースのOracle GRID環境の検証を共同で実施する。サーバとストレージの実機を用い、データベースサーバとアプリケーションサーバの密連携や、求められる可用性、拡張性、運用監視、バックアップなどの事例を作成、導入サービスのメニュー化を目指す。

 さらには、デルの直販ビジネスで培った市場へのリーチと、オラクルの営業部隊「Oracle Direct」との連携で、中小企業市場への提案活動を強化するほか、両社でエンタープライズLinuxを推進し、パッケージの共同開発なども行うとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]