編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Debian GNU/Linux 4.0「etch」がリリースに

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-04-10 12:29

 非商用LinuxプロジェクトのDebian Projectは米国時間4月8日、Debian GNU/Linux 4.0(開発コード「etch」)をリリースした。

 Debian Projectによる4月8日付けの発表によると、21カ月間に渡る開発によって生まれたバージョン4.0は、インストールシステムのグラフィカルフロントエンドが導入され、 暗号化パーティションのデフォルトでの使用をサポートするようになったほか、ミラーからダウンロードされるパッケージの完全性を検証する機能を備えるという。また、ブラウザソフトIceweaselと電子メールソフトIcedoveも搭載するが、これは、Mozillaプロジェクトとの間でブランド名の扱いが問題になったためFirefoxとThunderbirdの名称を変更したものである。

 DebianのコードベースはUbuntuでも使用されている。Debian ProjectはこのたびDebian GNU/Linux 3.1(開発コードsarge) からのアップデートを自動的に行えるツールもリリースしている(Debianのリリースは「トイストーリー」のキャラクターにちなんで命名されている;Debian GNU/Linux不安定版のコードネームはsidと呼ばれる)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]