編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

サンのJ・シュワルツ氏、次世代チップ「Rock」をブログで語る

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-04-12 12:29

 Sun Microsystemsはまもなく、富士通のプロセッサ「SPARC64 VI」を搭載したシステムである「Advanced Product Line」サーバに関する富士通との提携の詳細について発表する予定だが、Sunの最高経営責任者(CEO)であるJonathan Schwartz氏は、同社が開発する将来のハイエンドプロセッサ「Rock」について公表せずにはいられなかったようだ。Schwartz氏は、自身のブログJonathan's Blogで米国時間4月10日に述べている。

 Rockは、単一のチップに複数のコアを集積するという同社の積極的な取り組みを実現したもので、16コアを搭載したハイエンドチップである。Rockを搭載したサーバは、2008年後半にシステムとして出荷予定であるとSunは述べている。

 Schwartz氏によると、同チップパッケージのピン数は2395ピンで、そのうち812ピンが同チップとサーバのそのほかの部分との処理に使用されるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]