編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

日本アバイア、コンタクトセンターのオペレーター管理製品を出荷

CNET Japan Staff

2007-04-13 12:35

 日本アバイアは4月12日、コンタクトセンター向けアプリケーション「Avaya Agent MAP」を出荷すると発表した。

 同製品は、座席表レイアウト上で視覚的にオペレーターを管理できるソフトウェア。コンタクトセンターで働くオペレーターのステータス(受付可、通話中、後処理、離席など)を、管理者のPCに座席レイアウトの形でビジュアル化して表示する機能を提供する。同社のIP-PBX「Avaya Communication Manager」や、コンタクトセンターの管理・運営をするための管理者向けシステムであるCMS(Call Management System)を利用している企業が利用できる。

 オペレーター情報のリアルタイム表示、アラーム発報、CTI連携などの機能が備えられている。Avaya CMS、オペレーターのクライアントマシンおよびAgent MAPサーバにインストールすることで動作する。

 コンタクトセンターの管理者は、刻々と変化するオペレーターやセンターの状況を把握するために、CMS上の複数のデータを個別に参照していた。これに対して国内のユーザー企業から、センターの状況を実際にオペレーターが座っている位置と同じレイアウトで確認し、オペレーター管理を容易にしたいという要望があるという。

 日本アバイアは、こうしたユーザー企業のニーズに応えて、今回日本独自にAgent MAPを開発したとしている。同社は、今後、英語や中国語版のAgent MAPの海外での発売も検討しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]