編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

日本Linux協会、Linux Conference 2007での発表者を募集

CNET Japan Staff

2007-04-16 23:39

 日本Linux協会はこのほど、9月に開催するイベント「Japan Linux Conference 2007」での発表者の募集を開始した。応募に関して資格や条件は特になく、広く一般からの募集を受け付ける。

 同イベントは、オープンソースソフト(OSS)などを中心に論文や、ソフトと社会に関する提言などを発表、議論する場として開催される。募集の対象となるのは、Linuxに直接関係する分野に加えて、広くOSSやフリーソフトに関する話題全般としている。具体的な内容としては以下のようなものを想定しているという。

  • カーネル:Linux、uClinux、*BSD、その他組み込み技術など
  • ツールチェーン、バイナリハック:GCC、GNU Autotoolsなど
  • Lightweight Language:Gauche、Perl、Python、Rubyなど
  • ウェブ:Apache、Kahua、Plagger、Zope、Railsなど
  • ライブラリ:FreeType、GTK+、Qtなど
  • デスクトップ:GNOME、KDE、DirectFBなど
  • 仮想化技術:Xen、KVM、qemuなど
  • PtoP:BitTorrent、Freenetなど
  • VoIP:Asteriskなど
  • ソフトウェアと社会:GPLv3、ライセンシング、フリーソフトウェアとDRMなど

 応募の締め切りは7月9日。提出の形式は、論文であればA4で2段組で6〜10ページ、チュートリアルであれば発表時間1時間程度の概要説明(44で2〜3ページ)。いずれもフォーマットはPDF(応募の詳細はこちら)。

 応募された論文・発表概要は、プログラム委員会による審査を経た後に採否が決定される。採択された論文の中から、もっとも優れたものには「Japan Linux Conference Award」が表彰され、副賞としてトロフィーと20万円が贈られる。

 審査するプログラム委員には、グーグルの鵜飼文敏氏が委員長として、副委員長として野首貴嗣氏(特定非営利活動法人フリーソフトウェアイニシアティブ)などが努めている。

 イベントは9月13〜14日に東京・青海の産総研臨海副都心センター別館で開催される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
日本Linux協会
OS

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]