編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

IBM、環境に配慮した新しいエコサーバ発表--年間最大約9トンの二酸化炭素排出を削減

CNET Japan Staff

2007-04-17 11:15

 IBMは4月12日、省エネとそれに伴う二酸化炭素排出量の削減を実現するエネルギー効率の高いブレードサーバ「IBM BladeCenter」およびx86サーバ「IBM System x」の新製品を発表した。新しいシステムには、AMDおよびIntel製の最新型低電圧マイクロプロセッサテクノロジが搭載され、エネルギー効率の良いフラッシュメモリベースのストレージをブレードサーバに使用している。

 BladeCenterおよびSystem xは、より一層のエネルギー効率化に向け、吸気、冷却ファン配置、ゾーン冷却テクノロジの管理により、ブレードおよびラックサーバ内の空気循環を最大化し、最適な冷却効率を実現する「キャリブレーテッド・ベクタード・クーリング(Calibrated Vectored Cooling)」や、複数のシステムにおいて、電力消費の測定、記録、制御、上限設定を実施する「PowerExecutive」などを搭載している。

 新システムでは、エネルギー効率に優れた電源装置も採用。ラックマウント型System x製品の電源装置では最大85%、BladeCenter製品では最大90%の効率性を実現している。

 日本市場では2007年4月11日より、次の製品の出荷が開始されている。

  • IBM BladeCenter HS21 XM(最小構成価格38万6400円)
  • IBM BladeCenter LS21(最小構成価格40万9500円)
  • IBM BladeCenter LS41(最小構成価格136万5000円)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]