“火の鳥”が舞う--Firebirdが日本で初めてのイベントを開催 - (page 4)

田中好伸(編集部)

2007-04-19 17:56

信頼性があるFirebird

 (4)の医見書・給管鳥を開発したORCAプロジェクトとは、日本医師会が1997年から進めている医療のIT化を進める構想の一環として開始された研究プロジェクトだ。その中で開発された医見書は、高齢者が介護を受ける際に必要となる「主治医意見書」や「訪問看護指示書」などの書類を作成するのを支援するソフトであり、医療機関を対象にして提供されている。もう一つの給管鳥は、介護報酬などを医療機関が請求する際に必要となる書類などの作成を支援してくれるソフト。

 ORCAプロジェクトがこれらのソフトにFirebirdを採用したのは、信頼性があること、組み込みDBエンジンとして利用できること、Javaに対応していることなどがあるからと説明している。

 (5)の工事台帳は、工事の発注書作成や会計処理、集計処理などに利用されるシステムだ。肇ソフトが同システムにFirebirdを採用したのは、Borlandが提供するWindows向け統合開発環境である「Delphi」のコンポーネントとしてInterBaseが用意されていたのがきっかけだとしている。

 そうした同社は、InterBaseの派生であるFirebirdを採用して良かったこととして「Firebirdを導入して1年半経過した今の段階で、データファイルが、エンドユーザー使用レベルでは破損していない」ことを説明している。その一方で、Firebirdでの開発上の困難なこととして、「参考書が極めて少なかった、関数が少ない、エラーメッセージが英語である」などを挙げている。なお、現在では、Firebirdに関連した日本語の書籍は増えつつある。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]