編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

シーイーシーがProofpointと提携--企業情報を護るメッセージングセキュリティを提供

CNET Japan Staff

2007-04-25 23:05

 シーイーシーは4月25日、カリフォルニア州クパチーノに本拠を置くProofpointと提携することを発表。同社の提供するメッセージングセキュリティソリューションの販売を開始したことを発表した。

 現在、インターネット上でやり取りされる電子メールの80〜90%が迷惑メールといわれるほどスパムメールは増加している。大量のスパムメールは、ネットワークの負荷となるほか、業務の生産性低下、セキュリティ上の問題など、企業活動に大きな影響を及ぼしている。

 そこでシーイーシーでは、Proofpointと提携。同社のメッセージングセキュリティソリューションの国内販売を決定した。

 Proofpointは、主力ソフトウェア製品である「Proofpoint Protection Server」やアプライアンス製品である「Proofpoint Messaging Security Gateway、Proofpoint Network Content Sentry」、VMware上で動作するソフトウエア製品「Proofpoint Messaging Security Gateway Virtual Edition」などののメッセージングセキュリティを提供している。

 Proofpointのソリューションは、金融、医療、政府機関、教育機関などを中心に多数の採用実績がある。スパム阻止、ウイルス予防、フィッシング対策などのインバウンド電子メールセキュリティと、貴重な知的財産や内部情報の漏えい対策などのアウトバウンドコンテンツセキュリティの両面からビジネスリスクの低減を支援する。

 シーイーシーでは、メッセージングセキュリティソリューションの提供で、今後3年間で5億円の売上を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]