編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ノートPCにワンチップチューナーICを--インテル投資部門が新潟精密に10億円投資

CNET Japan Staff

2007-04-26 18:40

 インテル キャピタル ジャパンは4月26日、無線IC製品を開発する半導体企業の新潟精密に10億円を投資したと発表した。

 新潟精密は、高密度実装の受託生産、および独自のミックスドシグナル技術を応用した各種の無線IC製品を開発するファブレスの半導体企業。CMOS(相補型金属酸化膜半導体)技術によるワンチップのFM/AMラジオICや、音声・画像処理用ICなどを開発している。

 インテル キャピタルによる今回の投資は、インテルのマイクロプロセッサを搭載したノートブックPCや将来のウルトラモバイルPC(UMPC:超小型モバイルPC)に向けて、ワンチップFM/AMラジオICや地上デジタルTVチューナーの開発を促進するためだ。

 インテル キャピタルは、投資の背景について、「ノートブックPCを用いたデジタルエンターテインメントの利用形態が普及するにつれ、このようなワンチップのチューナーICに対する需要が高まっている。また、インテルと新潟精密は、新潟精密の開発するこれらのIC製品を国内外の機器メーカーに紹介し、ノートブックPCやUMPCの新たな利用形態を提案していく」としている。

 新潟精密では、インテル キャピタルからの投資を受け入れ、経営基盤を強化する。同社 代表取締役社長の池田毅氏は、「事業面でインテルとも協力することで、ノートブックPCやUMPC用のチューナーICを開発し、日本のみならず海外でもこれらのチューナーICの普及を加速させたい」と述べている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]