編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

コニカミノルタグループ会社、印刷標準化策定でLinux Foundationに参加

CNET Japan Staff

2007-04-27 19:34

 The Linux Foundation(LF)は4月26日、コニカミノルタのグループ会社であるコニカミノルタビジネステクノロジーズがメンバーに加わり、印刷環境の標準化を進める「OpenPrinting」ワーキンググループに参加することを発表した。

 LFでは、同社が参加することで印刷用の標準APIの策定が促進され、Linuxユーザーがデスクトップ環境とプリンタとの統合がより容易になるだろうと期待している。

 プリンタメーカー各社は現在、LFやLinuxディストリビューターと協業して、自社機器がLinuxベースのどのPCとも連動できることを目指して活動している。LFのOpenPrintingワーキンググループと、Linuxの開発ガイドラインである「Linux Standard Base(LSB)」に準拠したLinuxディストリビューションを横断する印刷APIを用いることで、コニカミノルタビジネステクノロジーズをはじめとするプリンタメーカーは、Linuxに効率的に対応することができると期待されている。

 2006年7月にLinux用プリンタドライバの標準のリポジトリであった「Linuxprinting.org」は、旧Free Standards Group(FSG)のOpenPrintingワーキンググループと統合している。この統合により、Linuxの印刷機能の標準化が容易になり、Linuxディストリビューターやプリンタメーカーはサポートがしやすくなっている。

 OpenPrintingワーキンググループとLSBは、印刷APIとライブラリの標準化やレガシードライバの統合など、Linuxでの印刷フローの標準化をLinuxディストリビューターと協業して進めている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]