データセキュリティ強化は共同作業と両立できる--Office 2007の制御機能

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有 2007年05月01日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワークレベルでのファイル保護に役立つメカニズムは数多くあるものの、こういったファイルが改ざんされたり悪人の手に渡ったりしないようにするためには、複数のレベルでセキュリティ対策を講じるのが一番であることに変わりはない。Office 2007では暗号化や、書式と編集に対する制限、デジタル署名を始めとする複数のデータ保護機能が提供されている。今回は、こういった保護機能をいかに使いこなせばよいかについて詳しく説明したい。

 現代のビジネス環境では、オフィス生産性向上ソフトウェアに対して電子メールの送受信やドキュメントの書式設定、表計算、スライド形式のプレゼンテーションの作成といった機能以上のものが期待されている。また、オフィスのドキュメントを人為的、または悪質なプログラムによる未承認アクセスから保護したり、それを共有する人々の誤用から防いだりするための方法も求められている。

 現代のネットワークには、ファイル保護に役立つ数多くのセキュリティメカニズムが組み込まれている。ファイアウォールは、ファイルの格納されているネットワークに対する侵入者のアクセスを阻止するために用いられる。ウイルス対策プログラムはドキュメントや電子メールメッセージがウイルスやその他のマルウェアの影響を受けていないかどうかをチェックする。IPsecでデータを暗号化することで、ネットワーク内を流れるパケットが捕捉された場合でもそのレベルでは内容を盗み見られないようにしておくことができる。アクセスコントロールやファイルレベルでの許可、EFS(Encrypting File System)による暗号化を用いれば、組織内の未承認の人物がファイルにアクセスすることを防止できる。

 とはいうものの、最善のセキュリティ戦略は複数のレイヤで対策を講じることであり、レイヤの数は多ければ多いほど望ましい。現代のOSにはネットワークレベルでの保護策やセキュリティメカニズムが組み込まれているとはいえ、アプリケーションにもさらなる保護策を組み込んでおくことは悪いことではない。Microsoft Office 2007には、MicrosoftのWordやExcel、PowerPointによって作成されたファイルの機密性と完全性の保持に役立つデータ保護機能が複数搭載されている。本稿では以下のことについて解説している。

  • ドキュメントを暗号化し、パスワードで保護する方法
  • ドキュメントの書式や編集を制限する方法
  • デジタル署名を用いて、作成したドキュメントやメッセージが改ざんされないようにする方法

ドキュメントの暗号化とパスワードによる保護

 Office 2003でもパスワードによる保護機能が提供されていたものの、その暗号化処理には弱点があったため、しばしば問題となっていた。Office 2003ではストリーム暗号であるRC4をキー長128ビットで使用していたが、暗号化された既存のドキュメントを編集し、再度暗号化する際に初期ベクトル(IV)が使い回されるようになっていたため、同一のキーストリームが使用されていたのだ。このことは、パスワードによって保護されているファイルの2つの異なるバージョンを比較することによって、パスワードのクラックが可能となることを意味している。ハッキングのスキルがない?大丈夫。「パスワードリカバリツール」と銘打って販売されている複数のソフトウェアでは、Office 2003のパスワードを破ることが可能になっている。

 Office 2007ではキー長128ビットのAES(Advanced Encryption Standard)と、SHA-1ハッシュを使用している。セキュリティをさらに強化したい場合、レジストリを編集するかGroup Policyを使用すればキー長を256ビットに増やすことができる。これにより、パスワードで保護されているファイルのセキュリティを強化することができる。これは、長く複雑なパスワードが使用される場合に特に効果的だ。

Officeの旧バージョンとの互換性

 暗号化されたファイルを、まだOfficeの旧バージョンを使用しているユーザーと共有する必要がある場合にはどうなるのだろうか?Office XPやOffice 2003を使用しているユーザーは、以下の条件を満たしていれば、Office 2007で暗号化されたファイルをオープンし、読むことができる。

  • AESをサポートしているOS(Windows XP SP2かWindows Server 2003、もしくはWindows Vista)を使用しており、かつ、
  • 「Microsoft Office Compatibility Pack for Word, Excel, and PowerPoint 2007 File Formats」(Microsoftのウェブサイトからダウンロード可能)をインストールしている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]