編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ISID、マイクロソフトおよび日本AMDと「Windowsクラスタ for CAE 検証センター」を設立

CNET Japan Staff

2007-05-02 03:55

 電通国際情報サービス(ISID)は5月1日、マイクロソフトおよび日本AMDとの協力により、製造業におけるさまざまな解析(Computer Aided Engineering:CAE)業務におけるHPC(High Performance Computing)利用促進を目的に、技術検証/事例公開を行う「Windowsクラスタ for CAE 検証センター(WCTC)」を設立したことを発表した。

 同センターでは、WindowsベースのHPCクラスタソリューション製品である「Microsoft Windows Compute Cluster Server 2003 日本語版」と、製造業におけるCAE業務システムで多くの実績を持つ「AMD Opteronプロセッサ」を利用して、CAE業務へのHPC適用に関する実証検証を実施し、その結果をセミナーなどを通じて公開するもの。

 検証事項の詳細は、次のとおり。

  • PCクラスタによるCAEソフトウェアや最適化ツールの動作確認
  • 計算速度計測
  • 計算結果確認

 同センターの検証結果を基にISIDは、HPCを用いたCAE業務ソリューションを提案。製造業向けソリューションの提案を行ってきた強みを生かし、顧客に最適なシステム構築や、チューニング値のコンサルティングなどを提供する。

 また、マイクロソフトと日本AMDは、同センターに対し自社製品に関する技術支援を行い、検証作業の円滑化を推進。今後のCAEユーザー向け各種イベント、セミナーなどの共同マーケティング活動を実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]