編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本SGIと電通大の連携チーム「SHINOBI」が「ロボカップジャパンオープン2007大阪」に参戦

CNET Japan Staff

2007-05-02 04:00

 日本SGIは5月1日、電気通信大学 松野・長谷川研究室(電気通信学部知能機械工学科 松野文俊教授、長谷川晶一准教授)と共同で、産官学連携チーム「SHINOBI(しのび)」を結成し、2007年5月3日から大阪で開催される「ロボカップジャパンオープン2007大阪」のロボカップ・レスキューリーグに5年連続で出場することを発表した。

 また併催される展示ブースでは、汎用モデルである「セグウェイPT i2」および「セグウェイPT i2 ポリス&セキュリティ」に加え、2月に国内での販売を開始したセグウェイのロボット研究開発支援プラットフォーム「Segway RMP(Robotic Mobility Platform)」のRMP50と同200モデルも展示する。

 さらに、電気通信大学と共同開発したレスキューロボット「FUMA(ふうま)」をベースに作られた、ロボット研究開発支援プラットフォーム「BlackShip(ブラックシップ)」も展示される予定だ。

 今回の国内大会は、7月1日〜10日までジョージア州アトランタで開催される「ロボカップ世界大会2007 アトランタ」の前哨戦となるもの。日本SGIは、同大会での経験を生かし、5度目となる世界大会に挑戦すると共に、産学連携を推進しロボット開発に向けた経験とノウハウの蓄積を目指している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]