編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その12:企業固有の機能を追加--カンファレンス会場作成と「SIM入場制限」 - (page 5)

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社)

2007-05-10 08:00

建物

 これまで、客席や講演者席などを作成してきたが、床や壁などはどうなっているだろうか。地下室ということもあるが、「ライト」を天井に設置してある。さらに、以前習った、テクスチャで影を付ける表現を床や壁に応用すると……下図のようになる。

壁(左)、床(右上)、床用テクスチャ(右下) 壁(左)、床(右上)、床用テクスチャ(右下)

 これらテクスチャは、「Photoshop」や「Illustrator」などの市販のソフトで作成することになる。これらによって、一気にリアリティと立体感が表現される。やはりテクスチャの使い方がものづくりの秘訣なのだ。

 さて、地下の「カンファレンスルーム」は、これで一通り終了した。考え方をメインに解説し、オブジェクトの内容、プリムの内容などは表面的に解説するに止めている。なので、今回の説明で分からない部分があった場合、第9回および第10回をもう一度読み返してみてほしい。するとわかるはずだ。

 この「カンファレンスルーム」を作ることによって、地上階の床のスペースを広げ、さらに、地下に下りる階段を設置する必要が実はでてきた。拡張をしていると、いろいろとほかの部分との整合性を取る作業が必要になる。次は、そのあたりを見ていこう。それでは、次回をお楽しみに。

大槻透世二氏
大槻透世二サイバーアドベンチャー(株)
代表取締役社長/CEO

デジタルハリウッド大学院
次世代インターフェース研究室 研究員
Second Life研究室 研究員/プロデューサー
Linden社推薦 Second Lifeセミナー講師

東北大学心理学専攻卒業。1年間のLA留学を経て、ソリッドレイ研究所でバーチャルリアリティのシステムインテグレーション、立体映像システム構築、HMDシステム構築などを経験。IT系コンサルティング会社を経て、デジタルハリウッド大学大学院コンテンツマネジメント修士課程修了(MCA)。その後、Linden Lab本社にてSecond Lifeカリキュラムのトレーニングを受ける。現在デジタルハリウッドにて「Second Life」セミナーを開催。また、バーチャルリアリティ、メタバース関連のシステム開発/プロデュースを行うサイバーアドベンチャー(株)を設立し、そのCEO職に就いている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]