編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

解析結果の「見える化」機能が用意されたC/C++ソース解析ツールの最新版

CNET Japan Staff

2007-05-07 16:08

 富士通ソフトウェアテクノロジーズは5月7日、C/C++ソースプログラム向け静的解析ツールの新バージョン「PGRelief(ピージーリリーフ)2007」の販売を開始した。

 PGRelief 2007は、これまで「COReTOOL/PGRelief」として提供されていた製品の最新版。各種の構成管理ツールと連携して、ツールに登録されたソースコードを一括解析し、解析結果をウェブブラウザから閲覧可能な形でプロジェクト全体に公開する「見える化機能」が品質監視オプションとして新たに追加された。この機能により、ソフトウェアの品質向上を組織的に推進することが可能になるという。

 また、同じく品質監視オプションとして、ツールからの指摘メッセージを分類したり、対処結果を記録できる機能が用意された。これにより、確認作業の効率化が図れるという。加えて、解析エンジンの強化により、従来よりも多くのプログラムの欠陥を検出できるようになった。

 PGRelief 2007の価格は、インストールした1台のPCでのみ利用可能なノードロックライセンスが38万円(税別)。フローティング基本ライセンス(同一ネットワーク内での同時起動ライセンス)が120万円(ライセンス管理サーバ+1ライセンス、税別)より。オプションは、品質監視オプションの78万円(別途フローティング基本ライセンス必須、税別)より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]