編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

NECなど、メール暗号化製品とPCサーバを組み合わせた「メール自動暗号化システム」

ニューズフロント

2007-05-07 19:58

 NECとNECソフトは5月7日、メールフィルタリング製品とメール暗号化製品、PCサーバによる「メール自動暗号化システム」の販売を開始した。税別価格は500万円からで、6月1日に出荷を始める。

 同システムは、NECのPCサーバ「Express5800/120Ri-2」をベースに、NECソフトのメールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」と、米PGPのゲートウェイ型メール暗号化ソフト「PGP Universal」で構成する。

 GURADIANWALLで送信メールを検査し、個人情報や機密情報を含む可能性のあるメールをPGP Universalで暗号化してから外部に送り出す。メールの暗号化をユーザーの判断に委ねず、システムで自動的に一括処理するため、NECらは「メール利用者の操作負担や管理コストを軽減し、個人情報や機密情報を含む疑いのあるメールを漏れなく暗号化できる」としている。

 NECとNECソフトでは、関連製品を展開することで、今後3年間で40億円の販売を見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]