編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Red Hat Summitが開幕--発展途上国向け「Global Desktop」などが発表に

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-05-10 15:59

 Red Hatは米国時間5月9日、Linuxソフトウェアの新版「Red Hat Global Desktop」を発表した。この新版は、発展途上国のデスクトップコンピュータやラップトップコンピュータのユーザーに向けて開発されたもの。

 Red Hat Global Desktopのユーザーとして想定されているのは、発展途上国市場の政府や小規模企業などだ。同ソフトウェアは、Classmate PCやAffordable PC、Community PC、Low-Cost PCと称されるIntelのPCデザインに対応している。なおIntelは、Red Hat Global Desktopの設計やディストリビューションのパートナーとなっている。

 Red Hatは、サーバ向けソフトウェアを利用する顧客から得られるサポート料金を主な収入源としており、これまでDesktop Linuxには力を注いでこなかった。デスクトップ分野とは異なり、サーバ分野はMicrosoftによって独占されたことがなく、Linuxとも縁の深いUNIXが広く使われている。

 しかし、だからといってRed Hatがデスクトップ分野で何も手を打たなかったわけではない。同社は2004年、Microsoftからの市場奪取を狙って、デスクトップLinux製品を発表している。

 デスクトップLinuxの分野では、Canonicalもより活発な動きを見せている。先週、DellはCanonicalのUbuntu Linuxを一部のPCにプリインストールすることを発表したばかりだ。

 Red Hatは過去に比べ、万能な製品をつくるアプローチに移行していると、述べる。同社はGlobal Desktopの発表とともに、大企業向けのRed Hat Enterprise Linux(RHEL)において、管理性や安全性を向上させたことをアピールしている。また同社は、これまでPCに触れたことのない、発展途上国の子供たちに100ドルPCを届ける取り組みを進めるOne Laptop Per Childとも提携している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]