NEC、グループを挙げて環境ソリューション事業を強化--2010年に売り上げ200億円を目指す

山下竜大(編集部) 2007年05月16日 18時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは5月16日、地球温暖化や化学物質汚染、資源枯渇や廃棄物処理など、企業に求められている地球環境問題に対応するための取り組みを体系化することで同社の環境ソリューション事業を強化し、NECグループ全体として推進していくことを発表した。

 今回発表された環境ソリューション事業の強化では、「ITを高度に活用した環境ソリューションの強化/拡充」「先進的環境経営に役立つ研究開発の推進」「2007年4月よりグループ8社を含めた120名規模の専任体制を実現」の3つのポイントが強化される。

 まず、ITを高度に活用した環境ソリューションの強化/拡充では、現在すでに提供されている環境ソリューション36製品に新製品を投入することで、2010年には60製品まで拡張する計画。その第1弾として同日、「REACH、RoHS、ELVに対応した化学物質管理ソリューション」および「情報システムの環境負荷評価/分析サービス」の2種類の環境ソリューションが発表されている。

necの岩波氏 NECグループの環境ソリューションについて語るNECの執行役員常務、岩波利光氏。

 REACH、RoHS、ELVに対応した化学物質管理ソリューションは、部品、完成品にかかわらず、製品を校正する材料に含まれる化学物質の情報を集中的に管理し、取引先の要求や輸出先の規制に柔軟に対応するためのソリューション。REACH規則やRoHS指令、ELV指令など、欧州やアジア地域の主要な化学物質規制に準拠し、すでに提供されている関連ソリューションと連携することで、サプライチェーン全体をサポートする。

 同ソリューションの基本機能は、導入時のコンサルティングから運用サポートまで含めたワンストップサービスとして提供される。受注の開始は2007年6月を予定。価格は300万円より。今後3年で200本の販売を見込んでいる。なお、中小企業向けにはASPモデルでの提供も計画されている。

 また、情報システム環境負荷評価/分析サービスは、サービスやソフトウェア、ソリューションの導入に伴う環境負荷削減効果を定量的に把握するサービス。LCAサポートサービスをベースに、同社が開発したICT向けLCAサポートサービスを提供する。サービスは、日本電気ファクトリエンジニアリングより提供される。価格は50万円より。

 これらNECグループが提供する環境ソリューションは、環境業務の視点により体系化された4つのグループに基づいて開発されている。4つのグループの概要は、次のとおり。

  • ITで考える(Management)環境開発管理:ISO14001対応から環境コンプライアンス、教育、環境会計環境コミュニケーションまで、企業の環境経営をサポート。
  • ITで識る(Monitoring)環境パフォーマンス管理:環境負荷データを最適なタイミングで収集、集計することで、環境パフォーマンス化の“見える化”を支援。
  • ITで律する(Minimization)環境負荷低減活動:設計/開発から調達、生産、販売、物流、廃棄、回収/リサイクルまで、ライフサイクルの環境負荷軽減を支援。
  • ITで療す(Maintenance)環境保全・修復活動:オフィスや生産施設の環境負荷、汚染物質の影響範囲特定などを調査し、その処理システムを総合的にサポート。

 また、先進的環境経営に役立つ研究開発の推進では、PCの消費電力を自動的に管理するシステムを、国立環境研究所および東京大学 先端科学技術研究センターと協働で開発している。研究開発システム名称「INEMS」と呼ばれている同システムは、環境省地球温暖化対策技術開発事業の一環として行われているもの。INEMSでは、最大40%の省エネを目指しており、PCはもちろん、プリンタをはじめとする周辺機器なども対象に、2年後の実用化を目指している。

INEMS NECが開発中のPC消費電力自動管理システムの画面。2年後の実用化を目指している。

 NECの執行役員常務、岩波利光氏は、「2005年に京都議定書が発効されて以降、地球温暖化に対する企業や自治体の取り組みが大きく注目されている。また、環境汚染の原因となる化学物質の規制強化も世界的に実施されるようになってきた。リサイクルをはじめとした資源の有効利用の進展なども含め、グローバルに事業を展開する企業にとって環境経営はますます重要になる。NECの環境ソリューションは、こうした企業の課題を解消するために、さまざまなソリューションを提供する」と話している。

 NECでは、4つのグループで各環境ソリューションを強化することで、2010年までに対象製品を60種に拡充し、環境ソリューション事業全体で200億円の売り上げを目指している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化