編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、「Windows Server 2008」以後について明らかに

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-05-17 12:32

 ロサンゼルス発―Microsoftは米国時間5月16日、「Windows Server 2008」の後継OSは、中間リリースとなり2009年に予定していることを明らかにした。

 Microsoftは、Windows Server 2008の中間アップデートともいうべき「Windows Server 2008 R2」について多くを語らなかったが、64ビットバージョンのみを提供する予定だと述べた。

 Windows Server担当ゼネラルマネージャーBill Laing氏は、当地で開催されている「Windows Hardware and Engineering Conference(WinHEC)」の講演で、「次の行動について検討している」と述べた。この計画は、サーバおよびツール部門のトップBob Muglia氏がこれまでに述べている、OSのメジャーバージョンリリースを4年ごと、マイナーバージョンリリースを2年ごとにするという、サーバ部門への要望に沿ったものである。

 Windows Server 2008の最初のリリースは2007年後半に完成する予定で、32ビットバージョンと64ビットバージョンが提供される。Laing氏によると、32ビットバージョンが用意されるサーバ用OSはこれで最後になる予定だという。

 同氏は、Microsoftは現在も、以前「Longhorn Server」と呼ばれていたWindows Server 2008の年内リリースに向けて取り組んでいると述べた。しかし、品質を優先し製品が一定の水準を満たすまでは出荷しないという、Microsoftの常套句も付け加えた。

 Laing氏は講演で、コードネームで「Cougar」と呼ばれる小規模ビジネス用サーバや「Centro」というコードネームのミッドレンジサーバなど、Windows Server 2008をベースにした他の製品が2008年に発売されるという予定に変更がないことを認めた。Microsoftは、両製品のテストを2006年に開始している。

 同社は先週、「Viridian」と呼ばれるサーバ仮想化ソフトウェアについて、Windows Server 2008完成後180日以内にリリースするという目標を達成するため、同仮想ソフトウェアの機能削減を発表している。

 サーバ部門の明確な説明は、「Vista」の後継について言及を避けたデスクトップ用Windows部門の沈黙と対照的である。Microsoftによると、Vistaにサービスパックを用意する予定だが、内容や時期についての情報、または、今後のリリース計画については明らかにしないという。

 「Windows Client」担当バイスプレジデントMike Nash氏は、5月16日の講演で現行バージョンのVistaについてのみ語り、製品の「Windows Vista」対応を進めたハードウェアメーカーの努力をたたえる一方、未対応製品のサポート作業完了に向けて取り組むよう呼びかけた。

 Nash氏によると、Vistaは現在190万種類のハードウェアデバイスに対応しているが、ごく少数の対応が不完全な製品が、ハードウェアに起因するクラッシュの大部分を発生させている。そういった製品が約4000種類あり、クラッシュの80パーセントを引き起こしているのだという。同氏は「そのようなデバイスのサポートを強化するために、協力して取り組む必要がある」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]