編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Wi-Fi Alliance、802.11n標準前製品の認定を開始

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-05-17 16:02

 Wi-Fi Allianceは米国時間5月16日、次世代高速ワイヤレスネットワーク技術の標準化前の規格を用いた製品の認定を2007年6月から開始すると述べた。

 「802.11a」「802.11b」「802.11g」を含む「802.11」規格のバージョンすべてについて対応製品の認定を実施してきた同業界団体は2006年8月、802.11nに関する認定プロセスにおいては2段階からなる手法を採択すると述べていた。同団体は、「802.11n Draft 2.0」版を用いた製品について相互運用性の認定を6月から開始する。

 802.11nの正式版が完成すれば、同団体はそれに合わせて認定プロセスを更新する予定である。同団体は、正式版に準拠した製品が、標準化前の製品とも相互運用可能であるようにしたいと述べた。

 消費者が認定製品を識別できるように、認定された製品には新しいロゴが付加される。認定製品は7月に店頭に並ぶ予定である。Wi-Fi Allianceは世界7カ国に11の認定試験機関を持つ。認定試験は6月半ばに開始される予定である。802.11n Draft 2.0対応と認定された製品はすべて、802.11a、802.11b、802.11gなどこれまでの802.11規格で認定された製品とも相互運用性を有することになる。

 同規格の制定にはすでに2年以上もの期間が費やされており、2007年前半に正式版が完成する予定であった。しかし予定は遅れており、正式規格の完成は早くとも2008年になりそうである。一方、多くの企業が標準化前の802.11n機器をすでに販売している。

 Wi-Fi Allianceは通常、規格が承認される前に製品の認定を開始することはしないが、同団体関係者らは、相互運用可能な製品を市場に送り出すことが非常に重要であると述べている。

 Wi-Fi Allianceのマーケティング担当シニアディレクタであるKaren Hanley氏は、「802.11nは、既存のWi-Fi技術の5倍のスループットと2倍の通信距離を提供するため、家庭におけるマルチメディアアプリケーションに最適である」と述べた。「したがって、消費者が家庭用ネットワークを拡大するのに必要な技術を得られるよう、相互運用可能な製品を市場に投入することが重要である」(Hanley氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]