世界のIT投資マインドで日本は最下位、1位インド--ガートナー調べ

CNET Japan Staff 2007年05月18日 13時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガートナー ジャパンのリサーチ部門は5月17日、世界21カ国の企業のIT投資に関して調査・分析し、7つの共通指標による「国別IT投資マインド・ランキング」として発表した。

 総合ランキング1位は、7つの指標中3つでトップを獲得したインド。2位のシンガポール以下、上位はオーストラリアや中国といったアジア・太平洋勢が占め、IT投資に対して積極的な姿勢を示している傾向が見られた。

 一方、ITインフラ整備が比較的進んでいる先進国群 (G7諸国) は下位を占めた。中でも日本は7つの指標中4つで最下位で、総合でも最下位となった。IT投資マインドも低く、ガートナーでは、「5年先に果たして日本がIT先進国でいられるかどうか、大きな疑問」としている。

 今回調査に使った7つの指標は、「2007年度のIT投資増加率(増加率)」「IT予算の対年商比率(規模)」「CIO設置比率(ITガバナンス)」「経営陣がITの重要性を十分理解している比率(ITとビジネスの連携)」「攻めのIT投資(売上拡大への寄与)」「守りのIT投資(利益拡大への寄与)」「新規技術への投資の積極性(チャレンジ精神)」。

 ガートナーでは、今回のランキングから新興国群がITを積極的に駆使して先進国群を猛烈な勢いで追いかける図式を見ることができるとしている。

 先進国群では、米国の新技術への投資意欲は高く、世界のITリーダーとして牽引役を果たしている。また、3位に官民を挙げてIT普及に努めており、ブロードバンド、携帯電話などの普及で欧州でもトップクラスのスペインを含む地域が入った。

国別IT投資マインド総合ランキング
1インド100
2シンガポール92
3スペイン、ポルトガル74
4マレーシア71
5オーストラリア69
6中国67
7フランス64
8韓国60
8米国60
10デンマーク、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー59
11ドイツ51
12英国49
13カナダ47
14オランダ、ベルギー45
15イタリア43
16日本13

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算