編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

パケッティア、拠点向けWAN高速化アプライアンス「iShaper」を提供開始

CNET Japan Staff

2007-05-25 18:43

 パケッティア ジャパン インクは5月24日、拠点向けWAN高速化アプライアンス「iShaper」の国内販売を開始した。価格は280万円から。6月末から代理店を通じて出荷する。

 同製品は、WANアプリケーションの可視化、セキュアなアプリケーションQoS、インテリジェントな高速化などの機能を1台のアプライアンスに統合。マイクロソフト製品のアプリケーションサービスとの互換性も備えている。

 WANアプリケーションの可視化とは、600以上のアプリケーションやプロトコルを検知して、リアルタイムのパフォーマンス可視化、監視を行うというもの。これにより、特定アプリケーションへの最適化ツールを適用するという。

 セキュアなアプリケーションQoSでは、輻輳がピーク状態であっても、重要なアプリケーションの可用性とパフォーマンスを確保、ウイルスやDDOSなどのゼロデイ攻撃保護によりビジネスの継続性を維持するという。

 インテリジェントな高速化とは、WAFS(Wide Area File Service)機能を統合、CIFS、FTP、TCP、HTTPベースのアプリケーションの優先順位付けと高速化を行い、優先度の高いトランザクショントラフィックや音声およびビデオ・トラフィックのパフォーマンス低下を回避するという機能だ。

 同社では、iShaperを利用すれば、データ、音声、ビデオのトラフィック最適化し、データやストレージの一元化に伴うWAN上でのアプリケーション/ファイル・アクセスの遅延という問題の解決に役立つとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]