編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日立ソフト、ラティスと3Dデータの漏えいを防止する製品を7月に発売

WebBCN (BCN)

2007-05-28 11:20

 日立ソフトウェアエンジニアリング(日立ソフト、小野功社長)とラティス・テクノロジー(ラティス、鳥谷浩志社長)は5月25日、3Dデータの漏えいを 防止する製品を7月から販売すると発表した。

 新製品は外部公開する3Dデータのアクセス権付与、配布した3Dデータの操作 履歴をトレースしての不正運用検出、配布後の3Dデータの参照を強制停止する などの制御を行うことで、3Dデータのセキュリティ管理が行える。ラティスの3Dデータ編集ツール「XVL Studio Ver.7.0」と日立ソフトの「XVLstaff(エッ クスブイエルスタッフ」を組みあわせた。

 ラティスでは、非常に軽い3Dデータ形式「XVL(eXtensible Virtual world description Language)」を開発。今回、PDFのセキュリティを制御するアド ビシステムズの「Adobe LiveCycle Policy Server(APS)」と連携し、PDFと 同じようにXVLも保護できるようにすることで3Dデータと技術文書のセキュリ ティ統制を図れるようにした。

 3製品を組み合わせた結果、「XVLstaff」「APS」がXVLファイルにアクセス 権限などのセキュリティを設定することが可能になったほか、「XVL Studio」 がセキュリティ設定されたXVLファイルを開けるかをチェックできるようにな った。ユーザーごとのXVLファイルのアクセス制御、XVLファイルに対する操作 履歴を収集が行え、配布後でもXVLファイルのセキュリティ変更ができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]