編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

カネ、ヒト、時間いらずのIT内部統制--第4章:サーバからPCを集中管理(準備編) - (page 3)

木村尚義

2007-05-28 13:22

楽しても万全なグループポリシー

 Active Directoryのグループポリシーは非常に多機能である。すべての紹介はできないので、今回は次の2つを実現するための設定に絞って説明する。

  1. ローカルディスク使用の制限を設定し、USBメモリなどを使用させない。
  2. システムフォルダ以外の実行型ファイルを起動させない。

<準備>

 グループポリシーの設定対象には、「コンピュータ」と「ユーザー」の2通りがある。

 対象の「コンピュータ」にグループポリシーを設定すれば、どのユーザーIDでログオンしても、そのポリシーがすべてのIDに対して強制される。一度設定すると、管理者のユーザーID(Administrator)も例外ではない。

policy02 コンピュータに対してグループポリシーを設定すると、そのコンピュータにログオンするすべてのユーザーIDに対してポリシーが適用される。

 一方、対象の「ユーザーID」にグループポリシーを設定すれば、ドメイン内の別のPCを使っても「ユーザーID」に対する設定が、別のPC上でも適用される。

policy03 ユーザーIDに対してグループポリシーを設定すると、そのドメイン内にあるどのコンピュータにログオンしても、そのユーザーIDに対して設定されたポリシーが適用される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]