編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ソフトバンク、SOX法対応強化でオープンペイジズの財務統制管理ソフトを採用

CNET Japan Staff

2007-05-29 09:01

 オープンペイジズは5月28日、ソフトバンクが日本版SOX法のコンプライアンス管理強化へ向けて、財務統制の構築を支援する同社のソフトウェア「OpenPages FCM」を採用したことを発表した。

 ソフトバンクは、財務報告の有効性を検証・可視化できるソリューションを求めており、同製品が作業および管理工数を大幅に削減できると見込んで採用を決めた。

 OpenPages FCMのリアルタイムなダッシュボードは、プロジェクトマネジャー、文書化チームのメンバー、社内外の監査人がアクセスできる対話型のもので、設計、文書化、全社的な内部統制フレームワークのテスト、および財務報告の管理を一元的に実施できるという。

 またOpenPages FCMは、文書化管理、ビジネスプロセス管理、柔軟な報告機能を使いやすいIT環境において統合できるため、企業にとって財務統制の文書化が促進されて、統制テストや問題点の改善が自動化されるなどのメリットがあると説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]