Python/Django製のコードレビューツールを使ってみた - (page 2)

後藤大地(オングス)

2007-06-01 15:03

 インストールが完了したら次のようにして動かしてみよう。

% ./manage.py runserver
Validating models...
0 errors found.

Django version 0.96, using settings 'reviewboard.settings'
Development server is running at http://127.0.0.1:8000/
Quit the server with CONTROL-C.

 Webブラウザで「http://127.0.0.1:8000/admin/」にアクセスすると管理画面が表示されるので、データベース初期化時に作成したユーザでログインする。

 ここでためしにReview BoardのSubversionリポジトリを登録してみよう。RepositoryのAddを選択して「Name: Reviewboard SVN」、「Path: http://reviewboard.googlecode.com/svn/」、「Tool: Subversion」といった内容で登録すればいい。登録後、一度ログアウトして、「http://127.0.0.1:8000/」にアクセスしてログインするとシンプルなダッシュボードが表示されるはずだ。先程追加したSubversionリポジトリがすでに追加されており、New Review Requestからレビューのリクエストを発行するなどできる。

Review Board ここからレポジトリの登録が可能
Review Board
Review Board レビューのリクエストの発行画面

 なお筆者の環境ではそもそも機能がまだ実装されていないのか、patchutilsとの相性がよくかったのか(それとも筆者操作を間違えたのか)、ソースの差分を表示させるといった機能が動作しなかった。こうした点も加味すると、ビルドから運用までのわかりやすさや、直感的なインタフェースの整備、ドキュメントの容易など今後まだまだ課題があるといえそうだ。もっとも、使い勝手が若干独特ではあるものの、インターフェースのシンプルさにはなかなか好感が持てる。まだベータ版ということもあり、対応データベースの追加、運用の容易化など今後の開発の進捗に注目していきたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]