HP、食料品の買い物を容易にする「Retail Shopping Assistant」を披露

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年05月30日 14時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 われわれの日常生活のほぼ全ての物がデジタル化されているにも関わらず、牛肉やベビーキャロットの特売を知らせる日曜日のチラシ広告は従来のままだ。そこで、Hewlett-Packard(HP)は食料品の買い物というごくありふれた作業さえもデジタル化する技術を開発している。

 カリフォルニア州パロアルトにあるHP Labsでは、Retail Shopping Assistant(RSA)と呼ばれるインストアのキオスクソリューションを開発している。この技術により、食品、衣料、家電製品の購入、販売が容易になる。

 HP Labsは、これまでインクジェット印刷技術やポケットサイズの科学計算用電卓などを開発してきた。RSAは決して最先端技術というわけではなさそうだ。この点はHPも認めている。しかし、RSAはHPの新しい主要事業のいくつかの分野を組み合わせたものである。

 HP Labsでイメージング&プリンティング用小売アプリケーションを担当するマネージャーのMohamed Dekhil氏は、「技術はある」としたうえで、「問題はそれらをどのように組み合わせるかだ」と語った。

 RSAの発想は以下の通りだ。例えば、ある客が食料品店に入り、買い物リストを持参する代わりに、機械に会員カードを通すか、電話番号を入力する。すると、その客が自宅でインターネットを通じて入力した買い物リスト(例えば、牛乳、卵、プレッツェル、牛のひき肉、リンゴなどが書かれている)がプロフィール上に表示される。また、その客の買い物習慣に合わせた特売品も併せて表示される。会員カードには、その客がコーラよりもダイエットペプシを好むとか、1週間おきに卵1パックを購入するといった情報があらかじめ記録されている。RSAは各顧客の情報と店の特売品を照合し、適切なクーポン券を作成する。

 RSAはさらに、印刷された特売品や購入品目のリストを発行する。そのリストの裏には店内の地図と全商品の位置が印刷されている。それを見れば、客は店内のすべての売り場を隈なく探す手間が省ける。またクーポンの切り抜きをいちいち探さなくても、リスト上に印刷されたバーコードが顧客ごとにカスタマイズされた特売品の購入状況を追跡記録し、すでに購入済みの商品を買い物リストから削除する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化