これからのWeb開発どうなるの?OSSとの関わりは?Google語る

大野晋一(編集部) 2007年05月31日 12時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleとオープンソースソフトウェア(OSS)の関わりは2002年のGoogle SOAP Search APIから始まったAPI公開と、2005年のGoogle Gode、Google Summer of Codeから始まったといって良いだろう。技術的とコミュニティの両面からOSSと つながってきたわけだ。

 31日、都内で開催されたGoogle Developer Day 2007ではGoogleのUrber Tech Lead/ManagerのGreg Stein氏がGoogleとオープンソースやWeb開発者の関わり について語った。

 同氏はApache Software Foundationのチェアマンを務め、バージョン管理ツー ルのSubversionやApache httpサーバ用のWebDavモジュールなどオープンソース との関わりが非常に深い人物だ。

 もちろん、GoogleにおいてもOSSの活用に深く関わっている。

Greg Stein氏 GoogleのUrber Tech Lead/ManagerのGreg Stein氏

 「LinuxとApacheがWebを作り、MySQLとPostgreSQLがRDBMSマーケットを変え、 FirefoxがWebブラウザのマーケットを変えた。同様のことがこれからも起こる だろう」と同氏。

 Greg Stein氏によれば、GoogleがOSSにかかわるのは、「開発者に嬉しいこと はGoogleにも嬉しいことだから」だという。

 「ソフトウェアはフリー、サービスとサポートから対価を得る というのがトレンドとなっている。Googleもこの流れの中にいる」とし、 この流れの中では開発者にフォーカスすることが賢い選択だとする。

 同氏は「OSSはブロックのようなもの。Googleのサービスと一緒に動くブロック を増やしたい」という。Google自身が、ブロックとAPIを公開、ユーザも これらを利用して新しいブロックを作る。この循環によってGoogleのインフラ クトラクチャ、サービスなどを使うユーザが増える。ユーザの増加がGoogleに 利益をもたらすというわけだ。

 この循環を生み出すためには、最初にGoogleが公開するブロックやAPIが開発 者に優しいものである必要がある。同社では開発者に優しい、つまり開発者が 使いやすい形で成果物を公開することに力を注いでいる。

 まず、ライセンスはApache Licenceを主に採用する。「Googleはお返しがほし くてOSSを公開するわけではないし、コードを使うコミュニティに最大限の自由 度を与えたい」(同氏)からだ。BSDライセンスや時にはGPLライセンスを使う こともあるが、独自のライセンスを作らないというのも開発者の利便性を考え てのことだ。

 また、Google APIを使うサンプルアプリケーションをOSSとして公開し、APIド キュメントを用意するという一般的な公開方法はもちろん、プロトコルや仕様 を明文化し、これをCreative Commons Licence で公開しているという点も特徴 的だ。

 これも、Googleのサービスが開発者にとって使いやすい、つまり、プロトコル をリバースエンジニアリングすることなく、正当な権利でアクセスし、利用で きるから、という理由からだ。

 結果として、例えば、SitemapsではYahooやMicrosoftの参加にまで結びつき、 大成功している。

 同氏は「このモデルは全てのAPIで有効なものではないかもしれないが、ほとん どの場合うまくいくだろう」と今後も積極的な仕様やプロトコルの公開を行う とした。

 もうひとつ、Googleは獲得した膨大なユーザに対して開発者がアクセスする手 段も用意する。例えば、Google GadgetやGoogle Maplpetsなどだ。「Googleが 全てを考えられるわけではない」とGreg Stein氏。これも開発者にフォーカス した戦略だ。

 同氏は、Googleがオープンソースで成果物を公開する理由として、「コー ドそのものから戦略的な利益を得ることはできないから」とする。一方で、 「ランキングのロジックや巨大なインフラクトらクチャはGoogleにとって戦 略的な利益を生むものでこれをオープンソースにすることは無い」という。

 こうしたオープンソース戦略をとるGoogleが考えるこれからのWeb開発のマーケッ トとは、オープンソースのコンポーネントAPIを公開する、開発者がクリエイティ ビティとビジネスモデルを提供する、みんなハッピー、というものだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
OS

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]