編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Java IDE新潮流--第2回 NetBeans 6.0でGUI開発 - (page 2)

竹添直樹(NTTデータ先端技術)

2007-06-08 09:00

 NetBeans 6.0ではデータベースと連携したSwingアプリケーションの開発支援機能が新たに追加されている。以下はウィザードで自動作成したMaster/Detailアプリケーションだ。JPA(Java Persistence API)と後述するBeans Bindingを用いて実装されている。

自動生成されたMaster/Detailアプリケーション 自動生成されたMaster/Detailアプリケーション

 また、GUIビルダのパレットには以下のようにJPA関連のアイコンが追加されており、JPAのEntityManagerやQuery、Queryの結果を格納するためのリストをフォームに追加することができる。

パレット パレット

 データベースアプリケーションの開発については一応サポートはされているものの、まだ実験的な色合いが強い。今後の進化に期待したいところだ。

Beans Binding

 Beans BindingはSwing Application Frameworkと同じくJSR-295として標準化が行われているAPIで、JavaBeansのプロパティ同士をバインドする機能を提供する。Beans Bindingによって複数のGUIコンポーネントのプロパティを連携させリアルタイムに値を同期させたり、任意のJavaBeanのプロパティをGUIコンポーネントにバインドするといったことが簡単に実現できるようになる。NetBeans 6.0ではPropertiesビューにBindingというページが追加されており、Beans Bindingによるバインディングの設定を行うことが可能となっている。

バインディングの設定 バインディングの設定

 前述のMaster/DetailアプリケーションでもBeans Bindingを利用してクエリ結果をテーブルに、テーブルの選択行のデータを編集領域のコンポーネントにそれぞれバインドしている。Beans Bindingの利用法方法を知るための参考にするといいだろう。

まとめ

 NetBeansのGUIアプリケーション開発には定評があったが、6.0へのバージョンアップでその地位は確固たるものとなるだろう。EclipseにもVisual EditorというGUIビルダが存在するが、動作速度や安定性、使い勝手の面でNetBeansに大きく軍配が上がる。Swing Application FrameworkやBeans Bindingといった最新のJava標準仕様をいち早くサポートしており、これらの機能が違和感なくIDEに統合されている。またNetBeansは標準でJPAもサポートしているためデータベースと連動したGUIアプリケーションの開発も容易だ。GUIアプリケーションを開発するなら是非一度NetBeansを試してみて欲しい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]