編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

エイサー、レノボを抜いて世界第3位のPCメーカーに--2007年第1四半期調査

文:Erica Ogg(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-06-06 12:42

 2007年の第1四半期には6200万台のPCが出荷されたが、そのなかで最大の話題をさらったのは、そのうちの400万台強を出荷した会社だ。市場調査会社iSuppliによると、Acer(本社:台湾)がPC市場で6.8%のシェアを獲得し、世界第3位の座につけたという。

 2006年第4四半期に東芝を抜いてノートPCの販売台数世界第3位の座に浮上したAcerは、今回はさらにLenovoからシェアを奪った。中国のLenovoは、コンピュータの世界合計シェアでAcerに0.4%ポイント及ばなかった。

 iSuppliのレポートによると、Acerは上位5社のPCサプライヤーのなかで最も大きな成長を遂げたという。同社の出荷台数は、前年同期の290万台から45.8%増え、420万台となった。

 引き続き市場シェアでトップの座についたのは、シェア17.2%を獲得したHewlett-Packard(HP)だった。これに続くDellのシェアは14.4%だった。Dellは2位につけたものの、トップ5社のなかで唯一、2006年第1四半期に比べてシェアを落としている(同社は7%近くのシェアを落とした)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]