Google Greg Steinさん、日本の開発者やコミュニティどうですか?

杉山貴章(オングス) 2007年06月06日 19時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleのエンジニアリングマネージャであるGreg Stein氏は、現在Google APIチームを率い、オープンソースの促進に努めている。同氏はApache Software Foundationの議長を勤めるほか、SubversionやWebDAV、Pythonなど多くのオープンソースプロジェクトに参加していることでも知られている。Google Developers Day 2007にあわせて来日した同氏は、ZDNet Japanのインタビューに答え、新たに発表されたGoogle Gearsや、Google Codeによるオープンソース支援活動などについて語った。

Greg Stein氏 Google Greg Stein氏

ーー最初に、現在Greg氏自身が力を入れている仕事や注目しているテクノロジー、あるいはGoogle全体として注目している分野がありましたら教えてください。

 まず私個人としてですが、オープンソース・コミュニティをいかにうまく運営していくかということに強い関心を持っています。オープンソースが与える影響や、他のコミュニティとうまく協力する方法などです。

 Google全体としては様々なことを手掛けているので特別にこれと言うことはできません。ただ私の働くオープンソースグループに限って言うならば、Googleの提供するウェブサイト上でいかにして開発者の抱える様々な問題を解決し、オープンソース・プロジェクトを円滑に進めていくかという点を常に考えています。

ーーオープンソースというと、ちょうど今朝(5月31日)、Googleの提供するオープンソース・プロダクトに新たに「Google Gears」が加わりました。これは開発者のどのような声をきっかけとして作られたものなのでしょうか。Google Gearsによって開発者の抱えるどのような問題を解決できると思われますか。

 多くのユーザは、ネットワークに接続していないオフライン状態にあるPCでも、オンラインの状態と同様に使いたいと考えています。例えばE-mailやカレンダーなどです。一方で、GoogleではGmailやGoogleカレンダーなどによって、これらのアプリケーションをオンラインで利用する手段を積極的に提供してきました。

 これらのアプリケーションをオンラインで利用するメリットは明白ですが、逆にネットワークから切り離された状態になるとビジネスが成り立たなくなってしまうという問題を抱えています。Googleの提供するウェブアプリケーションのユーザからはこの点に対する不満の声が強く上がっていました。この問題に対する1つの解として生まれたのがGoogle Gearsです。

 ウェブブラウザで利用可能なアプリケーションの場合、これまではネットワークに接続していなければ使えないという絶対条件がありました。Google Gearsはこの限界を突破し、オンラインとオフラインの境目を無くそうとしています。

ーーGoogle Gearsではどういうテクノロジーを利用してそれを実現しているのでしょうか。

 Google Gearsのアーキテクチャは主に3つのテクノロジから構成されています。1つはローカルストレージです。これはオープンソースのリレーショナルデータベース「SQLite」を利用しています。2つ目はウェブブラウザ上で複数のスクリプトを並列に実行するためのJavaScriptエンジンです。通常、ブラウザ単体では複数のスクリプトを同時に実行する、いわゆるスレッド機能を持っていません。Google Gearsではこのスレッド機能を実装することでバックグラウンドでの処理を可能にした他、ブラウザがロックされる可能性を低下させることに成功しています。

 3つ目はローカルで動作するウェブサーバです。ウェブアプリケーションではURLによってリソースにアクセスするため、これを処理できるウェブサーバに常にアクセスできる必要があります。Google Gearsではネットワークに接続されていない状態でも、このローカルのウェブサーバによってオンラインの場合と同様の処理が行えます。

 Google Gearsはこの3つのテクノロジーを組み合わせることで非常にシンプルに、かつ高いパフォーマンスでその機能を実現しています。

ーー今朝の基調講演では、開発者にフォーカスすることで最終的にGoogleのユーザを大幅に増やすことができるとおっしゃっていましたが、これはつまりにユーザ(開発者)が他のユーザを連れてくるということでしょうか。

 直接ではないですが、最終的にはそうなることを期待しています。開発者はGoogleのAPIを使って様々なウェブアプリケーションを作ります。ときには我々が考えもしなかった奇抜なアイデアが盛り込まれた興味深いものも登場します。個別の事例については今すぐには思いつきませんが、例えばGoogle Mapsを利用したアプリケーションなどはそういったアイデアの宝庫ですね。Universal Gadgetで作られたガジェットにも驚かされることがあります。それらのアプリケーションがユーザをGoogleに導くきっかけになってくれるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化