編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

配属されたら、知っておきたい情報セキュリティ(4)--(新着ブログより)

呉井嬢次

2007-06-12 16:23

 体と頭が新しい職場に馴染まないが故に、期待されることがある。今回は、発売前の製品評価を取り上げる。ここで説明する製品とは、ハードウエアに限定せず、ソフトウエア、サービスにも共通点は多い。製品評価を行った新入社員に聞くと、発売前の製品の内容を誰かに話したくなるという。でも、しゃべる前に、ちょっと待って欲しい。

 製品の評価版が市場に出るとは限らない

 発売前の評価、テスト段階で、製品の仕様を変更することは珍しいことではない。自社製品の評価版の感想が正しくても、実際に発売された製品には、機能仕様が変更・削除されれば、感想も変わってくるだろう。メーカーの社員の者が製品に関する発言をすれば、顧客に誤解を与え、会社への信頼を失うことになりかねない。

 そんなリスクがあるなら、新入社員に製品の評価テストを依頼しなければ良さそうなものだ。でも、製品に対する知識がゼロに近い状態、つまり、顧客に近い立場で評価してもらうには新入社員は都合が良い。

(全文はこちら--「ITセキュリティー下学上達」)

■関連ブログ:「配属されたら、知っておきたい情報セキュリティ(3)
■関連ブログ:「配属されたら、知っておきたい情報セキュリティ(2)
■関連ブログ:「配属されたら、知っておきたい情報セキュリティ(1)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]