編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ネットワールドなど、「Citrix Presentation Server」端末操作記録ソフトの最新版

ニューズフロント

2007-06-12 16:43

 ネットワールドとアイベクスは6月12日、ターミナルサービス用サーバ「Citrix Presentation Server 4.5」に接続した端末の操作を記録できるソフト製品の最新版「Meta Logger Ver 1.3」の販売を開始した。

 Meta Loggerは、Citrix Presentation Serverで構築したサーバベースコンピューティング(SBC)環境のクライアント操作を記録するためのツール。クライアントでのアプリケーション起動やファイル保存、文書印刷、ウェブアクセス、クリップボード操作、メール送受信などを記録し、不正操作の抑止や、内部統制の確立を支援する。

 最新版は、Citrix Presentation Server 4.5に対応したほか、旧版よりも詳細な情報取得を可能にしたという。たとえば、メール送受信ログで送信時のBccアドレスが取得可能となり、ネットワールドらは「メール利用の情報漏えいへの抑止効果が向上する」としている。操作対象ウィンドウのタイトル情報が増え、別名保存などのファイル名特定が容易になった。また、クリップボードからのペースト操作も記録できる。

 管理および運用面では、記録イベント選択機能の拡充、SQL ServerとMeta Logger間の通信暗号化と通信障害時の自動復旧対応などの強化を施した。

 税別価格は、インストール用メディアキットが5000円、1ユーザー当たりのアカウントライセンスが9000円、1接続当たりの同時接続数ライセンスが1万7000円となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]