編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ジュニパー、次世代コアルータ「T 1600」を発表--3.2テラbpsまで拡大可能

CNET Japan Staff

2007-06-13 12:47

 ジュニパーネットワークスは6月12日、「Tシリーズ」ファミリーの最新製品となるコアルータ「T 1600」を発表した。

 同製品は、ハーフラックサイズの設計でスループット1.6テラbpsを実現する。マルチシャーシ展開を念頭に設計されており、標準のシングルラックにおいて最大で3.2テラbpsまでスループットを拡大することが可能。電力消費を抑える設計になっていることも特徴だ。

 また、モジュラー型「JUNOS」オペレーティングシステムを搭載し、既存のTシリーズとコンポーネントを共有。「T 640」からのアップグレードは、サービスを停止することなく約90分程度で完了するという。

 2007年第4四半期に提供を開始する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]