編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

新Emacsの強力な置換機能を使いこなす - (page 2)

後藤大地(オングス)

2007-07-01 00:00

もちろん、置換対象と置換結果を指定する。異なるのは結果の指定でelispによる関数が組み込まれている点だ。

対象の指定で使っている表記はこれまでのreplace-regexpの範疇で理解できるだろう。( )がグルーピングの指定、一致した対象は置換後文字列の指定で順次\1 \2 \3、と指定していく。

リスト3 一致対象の指定

Query replace regexp: \([0-9]+\)\([ ]+\)\([0-9]+\)

置換後の指定で関数を組み込んである。「(if (= (string-to-int \1) (string-to-int \3)) "=" (if (< (string-to-int \1) (string-to-int \3)) "<" ">"))」がそれだ。わかりやすくフォーマットするとリスト5の様になる。一致した対象を比較してそれぞれ"<" "=" ">"を出力するという処理を行っている。

リスト4 置換後文字列の指定

Query replace regexp with: \1 \,(if (= (string-to-int \1) (string-to-int \3)) "=" (if (< (string-to-int \1) (string-to-int \3)) "<" ">")) \3

リスト5 replace-regexpで使ったLispコード

(if 
  (= (string-to-int \1) (string-to-int \3)) "="
  (if 
    (< (string-to-int \1) (string-to-int \3)) "<" 
    ">"))

置換後の指定で「\,( ... )」という表記があることに注目してほしい。「\,」が「それ以降の処理はLisp関数である」ことを表すものだ。これで、正規表現のなかでの関数の使い方がわかっていただけたと思う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]