編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

新Emacsの強力な置換機能を使いこなす - (page 6)

後藤大地(オングス)

2007-07-01 00:00

置換もかんたん - 実はこれが一番便利?

最後にもうひとつ例を紹介しておきたい。プログラマブルreplace-regexpを使ってリスト21をリスト24へと変更している。一見するとただの置換のようだがそうではない。この場合はいわゆるスワップ処理をしていることになる。

リスト21 置換対象のテキスト

true false

false false

true true

リスト22 trueかfalseが含まれていれば一致する

Query replace: \(true\|false\)

リスト23 分岐処理を使ってtrueはfalseへ、falseはtrueへ変更している

Query replace regexp: \,(if (string= "true" \1) "false" "true")

リスト24 入れ替わっている

false true

true true

false false

これを置換で実行しようとした場合、典型的には、3回置換することになる。たとえばture→HOGE、false→ture、HOGE→falseといった順でだ。2回で変えようとすればたとえばtrue→false、false→tureのようにすればすべてどっちか片方に変換されてしまう。これがプログラマブルreplace-regexpを使うと一発で完了する。

このパターンもなかなか便利なので覚えておこう。実はこの使い方が一番便利かもしれない。

まとめ:具体的にどういった用途が考えれるのか?

機能拡張されたreplace-regexp関数でLispコードが使えるようになったということは、置換処理で複雑な処理もできるようになったことだ。これまでスクリプトを書いて実施していたような複雑な置換処理をEmacs内部で処理できるというのが効果だが、代表的な使い方としては、既に挙げたようなソースコードのリファクタリングがあるだろう。

複雑な処理を関数として別にまとめておけるので、ソースコードをリファクタリングする処理を作成しておき、適度にreplace-regexp経由でリファクタリングを行うというわけだ。

この、置換処理を外部記憶に保持しやすくなったというてんが最も評価できるところだろう。Emacsで培ってきた置換ノウハウを貯めておいて必要になったらロードして使う。プログラミングのリファクタリングに限らず科学技術計算の数値処理などにも使える。ノウハウを関数として蓄積しやすいのも利点だ。強力な機能なので、是非一度試してみて欲しい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]