編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Javaベースのスクリプト"Groovy"でOpenOfficeを操ってみよう - (page 2)

沖林正紀

2007-06-14 12:40

 サンプル文書を開くと、図5のようにマクロの使用を確認するダイアログが表示されるので、「マクロを有効にする」をクリックする。これで文書を開くことができる。

図5 マクロ機能の使用を確認 図5 マクロ機能の使用を確認

 Groovyが使用できることを確認するには、「ツール」→「マクロ」から図6のようにメニューをたどっていく。ちゃんとGroovyが追加されているので、マクロが実行できそうだ。

図6 マクロ実行可能な言語にGroovyが追加された 図6 マクロ実行可能な言語にGroovyが追加された

 このメニューを開いて確認すると、開いた文書には図7のとおり3つのマクロが登録されているのがわかる。あとは実行したいマクロを選択して「実行」をクリックすれば、マクロが実行されるはずだ。ところが、筆者の実行環境(OpenOffice 2.2日本語版)ではRuntime errorとなってしまい、うまく実行できなかった。

図7 サンプル文書と登録されているマクロ(筆者の環境では、ここから実行するとRuntime Errorとなってしまった) 図7 サンプル文書と登録されているマクロ(筆者の環境では、ここから実行するとRuntime Errorとなってしまった)

 そこで、図7でマクロHelloWorld.groovyを選択して「編集」をクリックし、編集画面を表示させた。そしてこの画面の「Run」をクリックしたら、文末に「Hello World(in Groovy)」という文字列が追加され、マクロがうまく実行されたことを確認できた(図9)。

図8 ソースコード編集画面(中央、表示はHelloWorld.groovy) [img/fig08.png] 図8 ソースコード編集画面(中央、表示はHelloWorld.groovy)
図9 マクロをうまく実行できた(下段に文字列が追加された) 図9 マクロをうまく実行できた(下段に文字列が追加された)

 日本語でもうまく機能するのかどうかが気になるところ。図8のソースコードで文字列を文書に追加する部分を、図10のとおり日本語のメッセージに変更して実行し、そのメッセージを文書に追加することも確認できた。文字化けなどもなく、うまく動いているようだ。

図10 ソースコードに日本語を入力 図10 ソースコードに日本語を入力
図11 日本語も表示できた(下段) 図11 日本語も表示できた(下段)

 Groovyという言語にはなじみが無いかもしれないが、デフォルトでOpenOfficeマクロの開発・実行が可能なBeanShellも、実はJava VM上で実行できるスクリプトの仲間だ。Java SE 6では公式にスクリプトを実行できる機能が追加されたこともあり、今後は別の言語でもマクロ開発が可能になるかもしれない。今後、Groovy以外のRubyなどへの対応といった発展も楽しみだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]